5月22日 大阪へ

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 07:28

産経新聞大阪本社

ウエーブ産経講演会

 「激動の東アジアと安倍政権」 

  石橋 文登氏   産経新聞東京本社 編集局次長兼政治部長

 

モリカケ問題の実態とそれに終始する野党そしてその目的、一方、緊迫度を増す

北朝鮮問題と朝鮮半島統一、憲法改正、総裁三選問題、中国の軍事的野望と中国経済の実態

等を豊富な経験から解説された。

歴代自民党実力者の具体的話も含み講演は基本オフレコ。

日本の混迷を喜ぶ人々悲しむ人々、最後は全て国民に降り掛かりそうです.

 

大阪ミナミもインバウンドの人波で街も交通機関も溢れていました。

 

 

 

5月20日 大阪へ

  • 2018.05.20 Sunday
  • 10:33

武藤講演会へ

「東アジアの国際情勢と日本の対応」 細谷雄一氏 慶應義塾大学教授

 

今回の北朝鮮問題の流れは多くの国内外の専門家も先が読めないとの事。

 

大きな要素は中国の経済的、軍事的大躍進、アメリカの低迷により生じたパワーバランスの変化。

歴史的にパワーバランスの変化が過去16回起こり、その内12回は戦争へ。

中国は東シナ海(尖閣領有)、南シナ海(軍事基地化)、朝鮮半島(米軍阻止)のバッファーゾーン化

を目指す。どの3点もアメリカの影響力無くなれば摩擦大となる。

 

日本の科学技術、経済力の低迷、防衛力の限界を考えれば、

1−自助、自立/安保法制

2−防衛費増額の必要性 1.2%

3−同盟における負担の公平性

4−安全保障安定化の努力/インド・太平洋戦略構想

  国際的協力体制構築/豪、印、韓国、日英、日仏、日EU

  国際秩序形成努力、国際組織の活用

 

我国の命運をアメリカの善意、中国の活動/動向に委ねる事は出来ない。

中国との融和も見えるが、多くは期待出来ない状況、その上で、特に自助を強調された。

もう一度ゆっくりと時間をかけて聞いてみたい講演でした。

IMG_5418.JPG

講演後大阪城へ

高大の友人から大阪城でのイヴェントに誘われた。

IMG_5445.JPG

タイフェステイバルが開催

IMG_5442.JPG

毎年開かれているようだが、全く知らなかった。

IMG_5444.JPG

沢山のお店も出てとても多くの参加者。友人がサポートしている台湾からの

留学生も参加してタイ料理、ビールを愉しみました。

IMG_5427.JPG

多くが外国人、勿論タイ人も多く、日本の国際化を肌でヒシヒシと感じました。

歌あり、ダンスあり皆とても喜んで愉しんでいました。

この日は少し肌寒かったのが残念。

帰りにジョー・テラスで再度みんな(5名)で乾杯。

IMG_5435.JPG

5月19日 今日の一日

  • 2018.05.19 Saturday
  • 08:08

来週からの旅に備えて薬の準備ため病院へ。

昼からはジムへ、最近弱ってきた体を筋トレ、ウーキングマシンで鍛える(?)。

 

夕方からはジムの友人と飲み会。それぞれの経験したことは凄いですね。

波長がよく合うので5時からー9時まで笑いの連続、愉しい会話が延々と続きました。

話も前向き、ポジテイブな話が多く体も心も活性化する感じ。

外に出ると雨が降り出していましたが、次回を約束して散会。

IMG_5417A.jpg

5月17日 京都へ

  • 2018.05.18 Friday
  • 07:03

論語講座へ

向うに見えるのは八坂神社

加地 伸行 大阪大学名誉教授

IMG_5411.JPG

外史を詠んだ頼山陽節を伝えてきた先生の先生が詠んだ白楽天の”琵琶行”を聞く。

時代が200年遡った感じ。

 

今日は”孝”のお話、自分に一番身近な人から遠くなるほど孝、愛が下がっていく、

でも”世界の人、みんな”を愛そうとなる、遠くを歩くおっちゃん迄も、でも自分の父母を

愛せなく、孝無くそんな事本当にできるの?

家庭、家族不要論が吹き荒れる社会に古来一番大事な事から守ろうと。

  

雑談の中での実話

”数十年前,ある学校で突然試験を実施すると先生が言ったとき、一人の少年が

突然廊下へ出て水道からバケツに水を満タンにして戻り、教室で頭から水をかぶり、先生から

大説教を受け、掃除をさせられた。何故そんな事をしたのかの問いに答えず、40数年後初めて

友人の問いに答えた。ヒントは”その時何かを見た”。

以後、彼は男の中の男と云われた。さて答えを想像できますか?・・・・・・

 

”実は前の席の女の子が突然の試験に驚きお漏らしをしたのを見た、その子を守るための

とっさの行動だった。” 凄いの一言!

 

 

それはそうと、2018年も同じ漢字がなると史上初です。でも可能性も無きに非ず。

IMG_5413.JPG

5月16日 高大へ

  • 2018.05.17 Thursday
  • 09:32

高齢者大学へ

歴史近世科

「幕藩体制の成立(秀忠、家光}」 笠谷 和比古 教授

 

関ケ原戦後もまだ全国の1/3しか抑えきれていない徳川幕府の対豊臣統治戦略について。

1/徳川女子入内/天皇カード

2/有力大名に対する改易/福島正則、広島城無断改築

 肥後熊本加藤家改易/幕府転覆陰謀

3/紫衣事件/参勤交代制度等

 以上の論点を中心に持論を語られた。

 

午後は避難訓練、でも我がクラスは6階、エレベーターは使えず。暑い中クタクタになりました。

 

午後からのクラスミーテイングで、委員長代理となり、先ずは一安心。

来週は我が班の懇親会、そして、遠足、クラス懇親会と勉強以外の行事が忙しくなってきます。

IMG_5410.JPG

5月13日 映画を見る

  • 2018.05.14 Monday
  • 07:45

駅前で映画を見る。

アメリカの9・11同時多発テロ後のアフガニスタンでのテロ撲滅作戦。

事実に基づく陸軍グリーンベレー機密作戦の勇敢な話。

家族を持ったアメリカの青年が命を賭して戦う姿。

守るべき人、家族、国を守ってもらうので無く、

自らが守る事が出来る力と意思を持たなければ守る事は不可能と感じた。

IMG_5400.JPG

5月12日 大阪へ

  • 2018.05.13 Sunday
  • 11:55

クレオ中央大阪へ

OCC講演会

ペマ・ギャルポ氏 拓殖大学教授

 

来日して52年経過、チベット問題を訴え続けられている。

今はかつての様な抵抗運動も抑え込まれ、焼身自殺、拷問も無く、

ある意味平穏だと云う言葉の裏にどうしようもない無力感が伝わってきた。

ウイグル、チベット、南モンゴル問題は軍事的、経済的に巨大化した独裁国家中国の

圧倒的な力の前に国連も世界の主要国も言葉を発せられなく

"三跪九叩頭の礼"を行っている状態となっている様だ。

チベットの被った悲惨な歴史経験から、中国の日本向け工作会議がある事に対して日本に警告を発せられている。

自身の滞日52年間の観察から弱体化する社会、家族、政治、敬語を使わなくなる等日本語の

劣化を例に挙げ、”これでよいのか日本!”と注意喚起激励をされた講演であった。

 

メール20180428 ペマギャルポ表チラシ.jpg

著書を出されたとの事で、ぜひ読んでみたいと思います。

ペマ ギャルポ.PNG

5月11日 京都へ

  • 2018.05.12 Saturday
  • 10:29

四条センターへ

 

”アヘン戦争前夜における中国・イギリス・インドの関係”

「三角貿易から多角貿易へ」 清水 稔 講師

 

列強がイギリスの東インド会社を中心にインド、中国への進出。

何故アヘン戦争へ至ったか?

対中国との一方向貿易からインドを絡めた三角貿易への変化。

英中の国際関係の認識の違い(朝貢体制VS条約体制)。

貿易体制の違い(カントン体制VS自由貿易体制)を中心として今年度の序章として話された。

高大での友人K氏と会う。

IMG_5367.JPG

 

 

 

5月10日 京都へ

  • 2018.05.11 Friday
  • 07:02

家内と京都へ

4月初め立ち寄った北山のシャツ店で遊び心のあるシャツをオーダーした。

連休が明けて完成との事で今日散策を兼ね引き取りに行った。

なかなかの出来栄えで愉しみが増えた。

IMG_5365.JPG

近くの北山通りにあるパン屋BRIANTでランチ。

1階がパンの販売、2階がレストラン

IMG_5316.JPG

パンが食べ放題、これが美味しいので食事を忘れパンばかりを食べる。

モーニングもあるとの事なので近いうちモーニングを目当てにもう一度行ってみたい。

聞けばこの辺りパンの激戦地らしい。

IMG_5314.JPG

家内が初めてとの事で向かいの陶板名画の庭へ。

嬉しいことにここは70歳以上は無料。

IMG_5320.JPG

植物園へ、北門から入る。

高齢者は勿論、修学旅行生、児童なども多く訪れていた。

IMG_5321.JPG

バラ展は18日からとの事だが,既に咲いているのでバラ園へ。

IMG_5357.JPG

松ぼっくりも青々と! 

IMG_5326.JPG

バラ園は満開で素晴らしかったです。我が家の園芸部長も喜んで感激していました。

IMG_5363.JPG

気にいったつるバラの苗木を購入。

IMG_5364.JPG

5月9日 高大へ

  • 2018.05.10 Thursday
  • 07:02

高齢者大学へ

歴史学近世 

「徳川家康の政治と文化」 笠谷和比古 教授 

 

8年近く先生の講座をあちらこちらで受けているので覚えてくださっていて声を掛けて頂きました。

残念ながら、先生の直接の講座は来週の1回を残すのみ。

 

家康の知られていない面、封建時代における今で云う民主的手法を入れ、信長、秀吉と比べて

専制、独裁的ではない面を指摘された。

武家社会の長い伝統の中で形成されて来た慣習法を成文化するという現在にでも

通用するロジックを適用した事を知り得、見いだせたことは興味深かった。

 

これらは現在の日本人及び社会のベースになっている事も多々あり,このことにより日本の欧米からの非植民地化

、明治維新での諸政策に繋がる底流になったのではと感じた。

来週も愉しみにしている。

 

午後からは班役員選出などの打ち合わせ。

班長に選出されました。

来週は委員長の選出、班長の中から選ばれるのでこれは避けたい所だが・・・・ 

IMG_5309.JPG

取り合えず第1回の親睦会を急遽提案し7名の参加。

全体として問題ない感じ。一年間皆が協力して愉しい時間を共有出来る様に進めていくつもリ。

IMG_5311.JPG

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM