1月11日  新年会

  • 2017.01.12 Thursday
  • 11:13

”中山道の会”での新年会

 

2007年9月27日、京都三条から一歩踏み出してからもう10年にもなります。

中山道を歩いた仲間達との新年会。

5街道を制覇した人、今でも全国各地を歩き続けている人、其々の理由で歩くのを辞めた人、

300名山を目指すリーダー、其々の10年を歩みました。

でも中山道の思い出を大事に懐かしく毎年集まる事ができる仲間は素晴らしいですね。

中山道、東海道、熊野古道、しらなみ街道、丹後半島、琵琶湖、等々思い出は鮮明に蘇って来ます。

これからも少しでも前向きに頑張ろうと勇気づけられた新年会でした。

DSC00566A.jpg

 

 

 

1月8日 新年会

  • 2015.01.09 Friday
  • 09:24
今年初めての英会話授業
今年からスケジュールの都合で新しいクラスに変更。このクラスも皆同年代で愉しいクラスです。女性二人男性二人の計四人。
記憶力が減退する中、新しいノートで一つでも記憶に残そうと決意。
DSC05172.JPG
かつてのウオーキング仲間の中山道会から新年会の誘いを受けて喜んで参加。中山道スタートから既に8年経ちましたが、皆とても元気です。最高齢は80歳、でもとてもとても80歳とは思えません。現在は丹後半島、越前岬を越え、石川、富山へと歩かれています。目標は新潟、秋田を越え「大間」でマグロが目標とか。歩く距離を短くしたので是非参加をと求められていますが、自信がありません。腰痛がもう少し改善されればトライしてみたい気持ちが湧いてきましたが・・・・・・・
DSC05175.JPG
懐かしい顔、顔、中山道、東海道、しまなみ、熊野古道等々愉しかった日々が思い出されました。時は流れ往きます、2007年9月27日京都三条大橋からの第一歩でした。
DSC05177A.jpg
別れ難く、みなで二次会へ、リーダーN氏を囲み何時までも話の尽きない一夜でした。
みなさんへ感謝です。
DSC05178.JPG

6月7日 秋の同窓会の下見

  • 2014.06.08 Sunday
  • 09:52
2011年の歴史学近世近代の秋の同窓会の下見にテリーと共に歩く。
京都国際会館前から歩き、三宅八幡神社へ。
DSC07618.JPG
八幡神社からすぐ近くにある三明院へ ここも紅葉は良さそうですね。
DSC07619.JPG
蓮華寺へ
DSC07620.JPG
小生の腰を気遣ってもらい、ここからバスで真如堂に向かう。
三重塔 秋には混みそうですね。
DSC07625.JPG
金戒光明寺へ、ここからレストランまで歩く、この距離が結構ありました。
今回GPSが作動せず、地図作成が出来なかったが、これでだいたいの計画が完了。
DSC07628.JPG
アームドギャルソンでテリーと食事
DSC07629.JPG
愉しい一日でした.
雨の予想でしたが晴れてとても暑かったです.
おかげで美味しいビールを頂く事が出来ました。
DSC07630.JPG

 

第24回東海道を歩く 最終回

  • 2013.06.23 Sunday
  • 13:00
6月20日  最終回の東海道を歩く会
前日のOB会の打ち合わせで飲み過ぎ体調不調の中出発
DSC03935.JPG
今まで3年近く時間をかけ歩んできた道も今では数時間で到着。
DSC03940.JPG
最期の第24回
DSC03942.JPG
先ずは横浜中華街へ食事に。前回来たのはもう二十数年前の事。
何となく覚えているが、中国人の呼び込みがとても多く感じる。
DSC03943.JPG
中華は日本人向けの味になっている様で美味しく頂きました。
DSC03946.JPG
早速前回のゴール地点の公園から雨の中を出発
DSC03949.JPG
神奈川宿 本陣跡


DSC03951.JPG
高札場跡

DSC03954.JPG
道路標識で26劼箸△
DSC03956.JPG
有名な生麦事件のあった生麦村に入る。
DSC03957.JPG
キリン工場の近くにあった生麦事件碑だが、工事の為移転
百五十年程前に日本の将来を左右する事にもなる事件がこの近くで起こっていた。
DSC03958.JPG
暫く行くとまた生麦事件に関する説明文が、多分この辺りで起こったのは間違いない。
DSC03960.JPG
小降りの中を進む。
DSC03961.JPG
トイレ休憩タイム
DSC03964.JPG
鶴見橋関門旧跡
DSC03966.JPG
関門旧跡石碑
DSC03968.JPG
鶴見川橋
DSC03970.JPG
大橋を渡る
DSC03971.JPG
川崎宿
DSC03978.JPG
旧東海道の名残が・・・・・
DSC03980.JPG
川崎宿
DSC03981.JPG
六郷の渡し
DSC03983.JPG
当時の様子
PCIN0006.JPGPCIN0005.JPG

川の中間点 東京都に入りました。
DSC03985.JPG
渡し船をイメージした親柱
DSC03988.JPG
多摩川を渡ると一日目のゴール
DSC03989.JPG
バスの所に何故か警視庁の優しい警官が。
DSC03993.JPG
今日のGPS軌跡
このGPS地図見ていると津波が来れば東京の中心部は壊滅的な打撃を受けるのではと心配です。
APCIN2076.jpg
今夜のお宿
DSC04003.JPG
皆で乾杯!
DSC03998.JPG
居残り組で二次会
DSC04000.JPG
6月21日 二日目最終日
雨の予想される中日本橋のゴールを目指す!
DSC04002.JPG
前半は雨降らず
DSC04006.JPG
日本橋三里十八丁の石碑 復元里程標
DSC04008.JPG
DSC04009.JPG
黙々と歩く
DSC04013.JPG
雨が降ってきたようだ。
DSC04015.JPG
鈴ヶ森刑場跡
DSC04017.JPG
浜川砲台跡 何となく近世の歴史を感じる
DSC04020.JPG
かつて取引先の方が「青物横丁に住んでいる」と云っていたのを思い出した。
それにしてもとても長い横丁だ。東京の都心近くにもこの様な下町があるのに驚く。
整形外科、接骨院、あん摩、マーッサージ店等の多いのにも驚く。
多分住民の多くが高齢化しているのであろう。
DSC04022.JPG
品川宿
DSC04024.JPG
リーダーは雨の中お弁当の食べる場所を悩んでいた様だが、絶好のお休み処を提供して頂き
助かりました。
DSC04032.JPG
本当に助かりました、これで疲れていた体も回復して、ゴールを目指す。
DSC04029.JPG
都心に入って来ました。
DSC04035.JPG
泉岳寺に立ち寄る
DSC04042.JPG
赤穂義士墓にお参りする。
江戸時代の武士道を語られる時に多く取り上げられる
DSC04040.JPG
義士たちのお墓 
DSC04050.JPG
植民地にならず、現在の日本の基礎を導き出した無血開城の原点となった
会見の地。
DSC04055.JPG
三菱自動車前に設置されている
DSC04056.JPG
芝に入る、日本橋まで四劼良充┐。
DSC04057.JPG
雨に霞む東京タワー、場所も良い位置にあり、日本のエッフェル塔として
新しい巨大な塔よりも親しみを感じる人は多いのでは・・・・・・・・・
DSC04058.JPG
寛永寺と共に徳川家菩提寺と云われている増上寺前を。
かつて東京出張の際の常宿、芝パークホテルの近くにあったので良く朝の散歩に
来た事が思い出された。
DSC04061.JPG
日本橋まで3km
DSC04064.JPG
銀座辺り 海外からの観光客が多いようだ。
都心中心部は多くの観光客を惹きつける魅力があるのだろう。
DSC04067.JPG
江戸歌舞伎発祥地の石碑
DSC04080.JPG
あと1kmの標識
DSC04081.JPG
前方に不評の高速道路と共にゴール地点が見えてきた。
DSC04083.JPG
すごいビルが出来ていました、外資系金融機関の様です。
DSC04084.JPG
「日本橋」やりました!
DSC04086.JPG
お迎え頂きありがとうございます!
DSC04089.JPG
日本国道路元標
DSC04090.JPG
DSC04091.JPG
全員頑張りました。ありがとうございました。
中山道以来六年間歩いた仲間も八人います。凄いですね!
DSC04093.JPG
二日目GPS軌跡
APCIN2077.jpg

APCIN2078.jpg
ウイキペデイアから日本橋を覗いてみる。
一番好きな日本橋です。朝の活き活きとした一日の始まりが感じられます。
PCIN0001.JPG
昭和8年の日本橋 車、船も見えこれから発展しようとする日本の姿が。
PCIN0003.JPG
昭和21年の日本橋 廃墟からの出発 人々の気持ちはどうだったのでしょうか?
PCIN0002.JPG
現在の19代目の橋
さて20代目はどの様な橋になると思いますか?
PCIN0004.JPG
今夜のお宿
DSC04103.JPG
窓からは巨大な塔が。
このスカイツリーが日本人観光客を全国から吸い寄せているようです。
不思議な電波塔ですね。
DSC04105.JPG
表彰式 全行程完歩者
DSC04113.JPG
最高年齢のM氏
DSC04123.JPG
メダルと賞状が授与されました。
私は残念ながら旅行などで抜け、池鯉鮒宿、岡崎宿、藤川宿が未達成で完歩ならず。
DSC04127.JPG
全員で乾杯!
DSC04128.JPG
例の如く部屋で二次会
DSC04131.JPG

APCIN2079.jpg
翌日は快晴
窓から富士の山が見えました。世界遺産の富士山ですね。
DSC04132.JPG
翌日三日目
みなは巨大スカイツリーを見学に。
特に興味が無い私と他2名は一旦離団してハトバスツアーへ。
先ず新調なった東京駅見学、この日私服警官らしい人が多くいましたが、帰って
新聞を見ると天皇、皇后両陛下がこの日、新幹線で京都へ移動されたそうです。
DSC04134.JPG
靖国神社と国会議事堂見学ツアーに参加
DSC04136.JPG
英霊にお祈りを。多くの若い人も参拝に来られていました。
幕末以来、今住んでいる我々の国の為に亡くなられた方々が眠っておられます。
DSC04139.JPG
国会議事堂 内部見学、天皇御休憩所、衆議院本会議場、等
欧州の議事堂などの様にきらびやかさはありませんが落ち着いた日本の良さを
感じさせる国会議事堂です。
DSC04150.JPG
三人で記念撮影
DSC04145.JPG
KITTEビルのガーデンより新東京駅を望む
これで今回の全日程が終了。 
DSC04158.JPG



5月18日 第23回東海道を歩く 三日目

  • 2013.05.20 Monday
  • 07:00
 最終三日目 先ずは吉田一里塚
三日連続のウオーキングとなればやはり疲労、筋肉痛も残り、朝から苦戦。
DSC02514.JPG
茶店に”こめや”とある所は今は牛乳店になっているとの事だったが、これも
見つからず、多分ビルに建て替えられたのであろう。
DSC02516.JPG
立派な家が残っていました。素晴らしい風情です。
DSC02519.JPG
護良親王首洗井戸へ

DSC02520.JPG
昨日の疲れもあり、今日は最初からペース上がらず。
メイン道路に出ると車の騒音が疲れを一段と加速させる。
DSC02523.JPG
最悪はこの品濃坂、京方面からは急な登りの連続となる。
じいさんばあさんにとっては「イジメ坂」と呼ぶ事とする!
DSC02527.JPG
保土ケ谷宿が出てきました。もう少し!
DSC02531.JPG 
境木地蔵尊前にある武蔵と相模国の国境モニュメント
確か白洲次郎の館も両国に亘るところから武相荘とか言ったのでこの近辺かも???
DSC02536.JPG
ごんた坂は「孝行坂」と命名、江戸からの方にはイジメ坂となるが、京方面からは
下りの長い坂、よかったです。ここが登りなら耐えられません。
DSC02538.JPG
昭和初期のごんた坂 懐かしさを感じますね。林間学校でしょうか?
ひょっとして写ってませんか?
DSC02539.JPG
旧帷子(かたびら)橋跡
DSC02550.JPG
賑やかになってきました。
DSC02553.JPG
確か松原商店街だったと思います。こんな賑やかな商店街何十年振りでしょうか!
DSC02555.JPG
東海道と八王子道の分岐点
DSC02557.JPG
DSC02559.JPG
関門の碑 外国人殺傷が多発したため関所が設けられた。
DSC02562.JPG
かつての関門の様子
DSC02564.JPG
明治になって坂本竜馬の妻、「おりょう」が海舟の紹介で働いたと云われる田中屋
月琴、英語が出来たそうで外人の接待に活躍されたとか。
DSC02567.JPG
本覚寺、開港当時アメリカ領事館。ハリスと日米修好通商条約交渉にあたった
岩瀬忠震の顕彰碑があるとの事。時間無く訪問すること出来ず。日本の歴史が
大きく動いたところですね、どんな感じだったのでしょうか、その当時は・・・・
DSC02570.JPG
神奈川駅通過、ゴールはまだか、ゴールはまだかの声が響く
DSC02571.JPG
この辺り幕末には各国の領事館、公使館があった所、歴史を感じさせてくれる。
生麦事件の生麦村ももう少し先の所。
DSC02573.JPG
階段を上るのに最後の力を振り絞る。
DSC02574.JPG
やっと神奈川公園まえでゴール!!!!!!
DSC02576.JPG
三日目は15.4KM
DSC02578.JPG
今日のGPS軌跡 三日間合計で51.2卻發ました。
三日目GPS.jpg
頑張った勇士にはご褒美が待っています。
キリンビール工場見学とお食事。
DSC02609.JPG
先ずはお食事。もりもり頂きました。
DSC02583.JPG
グイーッと喉を潤す至福の一瞬DSC02586.JPG
ここ横浜工場はキリン発祥の地だけあり、沢山の物が楽しめます。
ポスターの素敵な一覧
最初のこのポスターだけは友人R氏の為に15年程前に手に入れた事がありますが、
他のポスターは手に入りません。レトロな感じで良いですね。なにかノーマン・ロックウエル
の日本版の様な感じも・・・・・・
DSC02594.JPG
DSC02590.JPGDSC02591.JPGDSC02593.JPGDSC02599.JPGDSC02601.JPGDSC02602.JPGDSC02604.JPG
最後はやはりこのスパースターでの一杯を堪能しましょう。乾杯!
DSC02606.JPG
次回6月は最終回、いよいよ日本橋ゴールインです。
先ずは予習。すぐ忘れますけどね。
DSC02615.JPG
三日間で51劼箸茲歩いた今回の東海道ウオークでした。
PCIN3434.JPG























5月17日 第23回東海道を歩く 二日目

  • 2013.05.19 Sunday
  • 19:06
 二日目、今日は最長距離を歩く予定、準備体操を入念にしてスタート
DSC02399.JPG
馬入川の渡し跡を見る。今は相模川
DSC02403.JPG
関東大震災で水田が隆起して鎌倉時代の旧橋脚が出現したとの事
DSC02412.JPG
日本橋へ60劼良玄
DSC02413.JPG
南湖の左富士の碑
DSC02418.JPG
かつてはこの様に左富士が見えたのか
DSC02425.JPG
ここ円蔵寺に乃木将軍像、二百三高地血染めの岩,水師営のナツメの木が在るとされていたが、列から離れ急いで見てみたが時間が無く見つけられなくGive Up.
DSC02421.JPG
藤沢市に入る
DSC02432.JPG
白と紫の咲く花”ニオイバンマツリ”と教えてもらいました。
DSC02435.JPG
白旗神社 この辺りで昼食予定
DSC02441.JPG
”さがみ弁当”なかなかの弁当でした。暑さと距離の長さで疲れていたが、
弁当を食べ元気回復。
DSC02443.JPG
白旗神社境内にある源義経公鎮霊碑等を見学して午後からのウオークへ
DSC02447.JPG
さすがお洒落な電話ボックスですね。
DSC02453.JPG
桔梗屋洋紙店 この辺り白壁や土蔵が目立ちます。
DSC02456.JPG
日本三大黒門の一つ堂々とした大きな冠木門の遊行寺
念の為、三大黒門を調べたがあと二つはどうもはっきりしない。
DSC02459.JPG
松並木跡の碑 
DSC02468.JPG
昔はこんな感じだったのですね!
DSC02469.JPG
東京まで50劼鮴擇蠅泙靴拭もう暑さで全員疲労がピークに!DSC02471.JPG
切り札のガリガリ君を見つけ復活?
DSC02473.JPG
「お軽勘平平塚山中道行の場」の碑 ゴールまであと一頑張り、皆、無口に
なってきた。
DSC02476.JPG
疲れ、腰痛、膝痛、皆それぞれ我慢して最後の最後の踏ん張り
DSC02484.JPG
やっとゴールの戸塚宿に到着、なんと全員26.6KMを完歩
DSC02489.JPG
GPS軌跡
GPS二日目.jpg

今日のお宿は横浜桜木町のワシントンホテル
24階にある東天紅で食事会
DSC02492.JPG
24階から見る横浜、久し振りに見る景色ですね。
DSC02493.JPG
和やかに今日のきつかった一日を振り返る。紹興酒も美味しかったですね。
DSC02495.JPG
外は陽が落ちて夜景にウットリ。
DSC02504.JPG
明日は最終の三日目だ、今晩も部屋で二次会の後、深い眠りに入る。






















5月16日 第23回東海道を歩く 一日目

  • 2013.05.19 Sunday
  • 15:04
 いよいよゴール大詰め、今回は二泊三日で大磯宿から横浜を目指す。
快晴、ワクワクで出発
DSC02311.JPG

でも京都から420卍をバスで行くと疲れ、気がそがれる感じ。
PCIN3434.JPG
静岡で昼食、海鮮丼を食べる。前回よりすこし張りこんだ事もありとても美味しかった。DSC02314.JPG
前回のゴール地点大磯城山公園から出発
DSC02316.JPG
旧吉田茂邸跡は門より眺めるが何も見えず。
DSC02318.JPG
滄浪閣 伊藤博文の別荘跡
DSC02319.JPG
横道にそれて、太平洋を望むこゆるぎの浜へ、著名人がこの眺めを好んだのも頷ける感じ。
DSC02322.JPG
樹齢300年を超える松も残る松並木を行く。
DSC02327.JPG
島崎藤村が2年半この地で過ごし、最期をむかえた家を訪問DSC02329.JPG
当時のサラリーマンの30年分の給料に相当する一万円で購入との事
DSC02333.JPG
横浜へ38劼良玄
DSC02334.JPG
湘南発祥の地の碑
DSC02338.JPG
「さつまあげ」が絶品との事、早速買って皆で食べる
DSC02339.JPG
新島 譲 終焉の地の碑
DSC02341.JPG
この辺り風情のある建物も多く残っています。
DSC02342.JPG
松林を行く、当時を偲ぶことが出来ます。あれ!あの前の松は大丈夫?
DSC02346.JPG
江戸見附 松林が現代と同じように描かれています。
DSC02347.JPG
この右側に富士が見えるとの事ですが・・・・・・
DSC02354.JPG
かつてはこの様に右に見えたのでしょうか?
DSC02358.JPG
番町皿屋敷のお菊の塚
DSC02374.JPG
ゴールの平塚八幡宮
DSC02379.JPG
初日よく歩きました。DSC02386.JPG
GPS軌跡
GPS初日A.jpg
今日のお宿 
DSC02387.JPG
”乾杯!” 皆で疲れを吹き飛ばす。二次会の後明日に備え熟睡
DSC02391.JPG
二日目に続く。














4月18,19,20日 第22回東海道を歩く

  • 2013.04.21 Sunday
  • 16:42
1月末に腰を痛め約2か月半、ウオーキングの予定を全てキャンセルしてこの東海道を歩くに照準をあわせ我慢の辛い日々を過ごして来ました。お医者さんからも痛み止めの薬をもらい
不安な気持ちで参加しました。 
DSC01911.JPG
焼津のマグロ丼を昼食に頂きました。
DSC01914.JPG
この日は暖かく、富士山も見ることが出来Happy~な感じです。
DSC01917.JPG
前回12月のゴール地点、今回のスタート地点である箱根峠
BDSC01919.jpg
今日は明日への足慣らしで短距離の石畳みウオークと関所見学 約2
DSC01923.JPG
明日からはこの石畳みの長い下りの連続です。
誰が最初に転ぶでしょうか? 実は・・・・・・・
DSC01927.JPG
箱根駅伝の石碑
DSC01939.JPG
箱根の関所見学、入り女、入り男が無事関所通過です。
DSC01946.JPG
今日のお宿は箱根湯本の水明館
DSC01951.JPG
温泉の後、早速食事、今回の参加は26名
DSC01956.JPG
二次会、話が盛り上がりました。
DSC01957.JPG
外人客のグループが多いですね、観光立国となりきれるでしょうか?
旅慣れた日本人を満足させるには箱根湯本の看板だけでは無理ですね。
DSC01960.JPG
二日目の出発 今日も晴天、今日は距離もあり、急な下りの難関が予想されている。
箱根杉並木は巨木揃いでとても良い感じでした。自然と心が軽やかになります。
DSC01969.JPG
オランダ使節団に参加したドイツ人ケンペルトと、イギリス商人バーニーの顕彰碑
DSC01983.JPG
鬱蒼とした杉並木の中を権現坂へ向かう。
DSC01978.JPG
ここから難所の箱根の石畳が続く
DSC01985.JPG
苔も生えて滑りやすく注意が要る。
DSC01988.JPG
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大晦日」とリーダーもご機嫌。
DSC01998.JPG
石畳の連続、しかも急な下り坂、足腰を徐々にいじめます。
DSC02007.JPG
甘酒茶屋で休憩、
DSC02011.JPG
体力回復を願って。
DSC02010.JPG
地獄の釜の蓋との事 何故ですかね?
DSC02025.JPG
また下りの石畳の連続。女転し坂、西海子坂、権現坂、猿滑坂、追込坂等々
名前も面白いですね。景色を見るより石畳みを見ていないと歩けません。
DSC02037.JPG
やっとお弁当の時間、畑宿の寄木会館前
DSC02049.JPG
石畳の坂を下り北条五代の墓がある早雲寺で休憩
DSC02066.JPG
やっと小田原市街に入る、全員疲労困憊。
この辺り昔ながらの風情ある建物が残っている。
DSC02085.JPG
豆腐を買う気持ちになりますね。
DSC02086.JPG
DSC02088.JPG
ゴールの小田原城に辿り着きました。
GPSの誤差ありますね、18.9辧7時間4分とします。
DSC02093.JPG
約19辧ゝ涅笋粒蠅蠅笋垢だ仂道良く歩きました。なんとか歩けたのが感激でした。
第22回東海道2.PNG
温泉の後「乾杯」今日の疲れを吹き飛ばす。
DSC02104.JPG
またまた、2次会です、中山道以来約6年半一緒に歩いています。
DSC02109.JPG
三日目は小田原城からのスタート
DSC02118.JPG
ふじ棚がとても綺麗でした。
DSC02121.JPG
外郎(ういろう)博物館の前を行く。
DSC02122.JPG
向かいにある小西薬局
DSC02124.JPG
あと83劼任后頑張るぞ〜!
DSC02132.JPG
新田義貞公首塚立ち寄る
DSC02134.JPG
6月には日本橋ゴールの予定、あとわずかです。
DSC02148.JPG
国府津駅前
DSC02149.JPG
国府津駅近くの海岸で食事、雨もポツリポツリと降りとて寒く感じてきました。
DSC02154.JPG
この辺りの海岸の事を「こゆるぎの磯」と云うらしいです。小田原の語源である
とも・・・・・・
DSC02157.JPG
何もない海岸方向を一斉に立ち止まり何を見ているのでしょう???
DSC02163.JPG
右「にらの花」と左は???忘れました・・・・・
DSC02172.JPG
雨の中ゴールへと最後の力を振り絞る!DSC02176.JPG
二宮駅前の「ガラスのうさぎ像」
DSC02178.JPG
一里塚、
DSC02182.JPG
雨の中やっとゴール、大磯城山公園、焼失した旧吉田茂邸の近く
DSC02185.JPG
ゴール,約19.4
DSC02188.JPG
19.4辧,茲頑張りました。皆とても疲れました。
第22回東海道3.PNG
ゴールのこの日も雨でした。
大磯.PNG
三日間のウオーキング軌跡 40.3
箱根峠ー箱根関所ー小田原城ー大磯城山公園 
第22回東海道43.PNG
今回は腰痛でとても心配しましたが、二日目の下り石畳道の時に痛み止めを1回服用した
だけで乗り切る事が出来て自信がつきました。個人的には嬉しくもあり感激ですね。
次回5月も頑張る予定です。
第22回東海道1.PNG




4月14日 京都府立植物園へ

  • 2013.04.14 Sunday
  • 20:21
 高大の友人S氏と植物園で落ち合う予定。
出町柳から河合神社へ
DSC01867.JPG
河合神社休憩所にて[美人の水]を飲む. 効果なし、でも女性が飲めば・・・・・
確か年齢制限は無かったはず・・・・・・でも効果のほどは????
DSC01868.JPG
鴨長明の復元庵
DSC01870.JPG
下鴨神社参拝
DSC01872.JPG
鴨川べりを行くと今日はお祭りがありました。桜もまだまだいけます。
DSC01875.JPG
出店も多く、琴、尺八などの演奏もありとても賑わっていました。
DSC01876.JPG
出店で昼食をGet! 鴨川の堤防で気分よく一杯。
DSC01878.JPG
DSC01879.JPG
半木の道もまだまだ素晴らしいですね。
DSC01880.JPG
友人S氏と合流して,きまぐれ散歩に出かけました。
DSC01883.JPG
DSC01882.JPG
今日は「さあ、桜だ! ん?」のタイトルで椿と桜を満喫!
桜は全国的に終わりの様ですが、ここ京都植物園では今が満開、春爛漫。
DSC01886.JPG
どうですか? みな桜が満開に驚いていました。サクラと云えば頭の中はソメイヨシノ
に洗脳されているみたいですね。
DSC01890.JPGDSC01887.JPG
御衣黄
DSC01892.JPG
駿河台匂 花弁は100以上つくとの事。
DSC01898.JPG
ウコン
DSC01900.JPG
泰山府君
DSC01903.JPG
関山 欧米の桜は殆どがこの種との事、より華やかで派手さの在るのが好まれ、
日本人の少し引いたおとなしいさを感じる美とは異なるのかも知れませんね。
DSC01906.JPG
琴平、良い感じですね! 覚えきれない程の多品種の桜に出会いました。
DSC01908.JPG
帰りS氏とCoffee Shopで語り合い、多くを教えて頂きました。
「のぞみ」に乗っていたときは気づかず、気づこうともしなかったのですが、「各停」に乗る今になってやっと見えていない物が見えてきた自分に拍手をおくる気分になった、良い一日でした。

4月4日 ガックリの一日

  • 2013.04.04 Thursday
  • 15:44
 今日は午後大阪で予定していた事があったので、午前中に北浜の歯医者に行き、定期健診してもらう。
本町のビジネス街を久し振りに散策。浦島太郎見たいです、あちらこちらが変貌していました。
CIMG3423.JPG
嬉しい事に本町の交差点のDOCOMOに無料休憩所がありました。
ここはいい休憩所ですね、市内ウオークの方は是非ここへ。
CIMG3422.JPG
ほんとに久し振りに会場のあるミナミへ、
折角、ミナミに来たのでここはやはり昼食に「お好み焼き」
40数年ぶりの「ぼてじゅう」本店へ。
CIMG3425.JPG
先ずは「乾杯〜」
CIMG3426.JPG
柔らかく、ふっくらと「ぼてじゅう」の味でした。やはり違います。
是非一度この味をトライしてください。家庭で食べる事が多くなり、他にたくさんの
美味しい店が出来て、ぼてじゅうは苦戦との事。閉店が続き、ミナミでは本店と
歌舞伎座裏の2店舗だけとなりました。時代の流れですね。
CIMG3427.JPG

お好み焼きを食べて、元気満々で会場へ行くのに場所の確認で電話を入れるとなんと
ガクウ〜〜ン
「その講演会は明日ですよ!」との声。

情けないですね、手帳記入時のミスで4日の所へ記載。
ガックリとして家路に就く、また家では何を云われるやら・・・・・

速射砲の如く「あかんね〜」「しっかりしいや〜」「なにしてんのん」「今度から私がチェックするわ〜」との集中砲火が心配される。

気を取り戻し、明日もう一度出かける事にする。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM