フランス旅行最終日 18日目

  • 2018.09.15 Saturday
  • 18:20

無事祖国に帰国

初めての名古屋セントレア空港に着陸、特急電車で名古屋駅へ

そこからは新幹線で京都へ。

長男が孫娘を連れて迎えに来てくれたので楽に家まで帰る事が出来ました。

 

自らの体力、失敗の数々を顧みて海外への個人旅行はこれが最後かもとも

思い始めた今回の旅でした。

行くならツアーで短めならもう少し頑張れるのでは・・・・・・・・

自分の情けなさを実感させられた旅でした。

 

フランス旅行 17日目

  • 2018.09.14 Friday
  • 10:53
9月14日
朝早く出発してリヨン空港へ
今はフランクフルト空港とで13時55分発の名古屋行きのフライトを待っています、
明日は名古屋経由で自宅へ。
今回のフランス北部の旅も終了となります!

フランス旅行 16日目

  • 2018.09.13 Thursday
  • 14:25
9月13日 16日目
最後の日、明日はリヨンを朝7時50分に立ち、フランクフルト経由で15日名古屋へ帰国。新幹線で京都。
今日は朝から近くのパン屋さんへ、そこで週一で開かれている市場でのR氏の買い物に同行。



帰ったら、隣の馬がお出迎えです。

朝食後は近くにできたアウトレッへ。



最後のランチを朝買ったソーセージと肉でB BQ。ゆっくりと時間が過ぎて行く良い環境が羨ましいです。


最後の買い物に隣村のボゴワンへ、その後、R氏のママの家に兄弟、姉妹の三夫婦とティータイムで最後のお別れ。
マダムR氏の妹夫婦も自宅に来てくれお別れを惜しむ。

フランス旅行 15日目

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 15:00
9月12日,
最後のゲストハウスを後にリヨンへ戻る、

途中、ブルゴーニュ、ボジョレーの葡萄畑を見てリヨンへ。4時間半で到着。 今回のフランス北部の旅は合計3.000km


夜はリヨン市内の R氏の娘セシールの自宅へ。来年四月パートナーと10日間の予定で訪日するので、その件も話し合う。

フランスの旅 14日目

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 19:05
9月11日 14日目 3連泊したゲストハウスを出発、パリを高速から眺めてフォンテンブローへ

360kmほどを3時間程でぶっ飛ばしフォンテンブローの宿に到着。もちろんハンドルを握るのは R氏。早速、フォンテンブロー城を馬車で見学、残念ながら内部は火曜日休館の為は入れず。


初めての馬車に乗る。


"落ち穂拾"で有名な画家ミレーが愛した村バルビゾンを散策。
ミレーが住んでいた家などがあります。

宿に戻って、少し休む。夜は近くのレストランへ。明日はリヨン近郊のモラスまで460kmを5時間程かけて戻る予定。
新しい発見や、色々と感じる事がありました。また、大都会との違いなども!また、旅が終われば振り返ってみたいと思います。あと二日はリヨンで帰国の準備します。台風での関空の一部規制、リヨン空港の事件などで帰国便も到着空港も変更がありました。

フランス旅行 13日目

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 09:27
9月10日
13日目 ダンケルク

街は戦争で廃墟となり、戦後再建された。


映画ダンケルクが撮影された通りへ


映画が撮影された海岸、マロ.レバン



2018年9月

1940年の浜辺
ダンケルク博物館へ



向こうはベルギー??、国境前の最後のフランス側の街へ


対岸は英国??、右手はベルギー??

国境を越えてベルギーの街、IEP Rへ
教会を見る。この街も戦争で廃墟となり再建されている。


フランス側へ??、Casselの街へ。
途中、保存されている風車を見学する。


Casselの街、フランスの良い街にえらばている、

街散策。


ST-Omerに.



今夜はゲストハウスでの食事。少し飲み過ぎてしまいました。

フランス旅行 13日目

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 09:27

13日目 ダンケルク

街は戦争で廃墟となり、戦後再建された。


映画ダンケルクが撮影された通りへ


映画が撮影された海岸、マロ.レバン



2018年9月

1940年の浜辺
ダンケルク博物館へ



向こうはベルギー??、国境前の最後のフランス側の街へ


対岸は英国??、右手はベルギー??

国境を越えてベルギーの街、IEP Rへ
教会を見る。この街も戦争で廃墟となり再建されている。


フランス側へ??、Casselの街へ。
途中、保存されている風車を見学する。


Casselの街、フランスの良い街にえらばている、

街散策。


ST-Omerに.



今夜はゲストハウスでの食事。少し飲み過ぎてしまいました。

フランス旅行 12日目

  • 2018.09.10 Monday
  • 22:03

class="pict">Nausicca 水族館訪問。 R氏は世界1と云うが?




ドーバー海峡に面した二つの岬を巡る。
Cap Gris Nez



Cap Blanc N e






行き交うフェリーはドーバーをイギリスとカレーを結ぶ路線。
第一次世界大戦の博物館へ

大戦末期ロンドンを恐怖に落とし入れたドイツのロケット発車基地へ









今夜の宿へ

貴族の館のようです。

夕食を食べ寝床に??

フランス旅行 11日目

  • 2018.09.09 Sunday
  • 22:08
フランスの国花はこれ矢車草とは知りませんでしたね!

アルグルで中世からの修道院と庭を見学する。庭には桜並木?が花見通りとしてあり、日本からの桜が植えられていました。


モントルイユで中世の要塞を見学した後、衣類メーカーを見学。


メイドインフランスで頑張っているとの事、安くて良いのをG e t??

フランス北部のビーチを巡る。とにかく広くてスケールが大きい。 ベルクラージュのビーチ





ルトゥケェ、パリクラージュへ、お金持ちが多いとの事。
海辺での結婚式や行けなかったけれどクラシックカーの集まりもありました。



中心街は日曜日でもあり混み合っていました。

夜は宿から近い港街フォールマンプラージュで食事。

フランス旅行 10日目

  • 2018.09.08 Saturday
  • 10:03
今日も晴天
みえるのが部屋


約一時間の旅、1908年製の蒸気機関車。すごい国力だったのですね!

約一時間の乗車でSt-valeryへ




中世の街で今は観光の街 街を散策。

海沿いの道にはお金持ちの家が並んでいる。パリからも200キロ程で車?でも来れる。




車でさらに北部のsomme湾のLe Hourdelへ。


潮の満ち引きも凄く、近くでアザラシも見る事が出来る。小さく見えるのがアザラシ、沢山いる。泳ぐ姿も近くで見れるのでガイド付きで高齢者もたくさん来ている。
大戦の名残りもあり、ドイツ??軍の巨大な砲台も残っている。

なぜかここの砂浜の石は穴がある?

次はCayeuxの浜へ
海水浴客が着替える小屋が。ノルマンディーのドゥービルなどによく似た感じ。


今夜は海鮮料理、有名なムール貝を白ワインで食べる。終わって見るとビックリ??

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM