8月19−20日 伊勢志摩へ

  • 2017.08.20 Sunday
  • 18:51

19,20日伊勢志摩へ。

途中何時もの蕎麦屋”味楽”でランチ

DSC01743.JPG

ここの蕎麦はGoood、今日は戸隠蕎麦

DSC01742.JPG

英虞湾はお盆休みも終盤となり、気のせいか人は少なく感じました。

DSC01747.JPG

この辺り少し早いのか、既にコメの収穫が始まっており、各店では新米がチラホラ。

まだ、夏が終わったばかりですが早い収穫ですね。

気候も大阪より温暖な為なのでしょう・・・

DSC01751.JPG

帰りも前回見つけた蕎麦屋でランチ

DSC01752.JPG

ここ土居もO.Kです。

DSC01753.JPG

少し早く合歓を出たので信楽で寄り道。

お土産用にタヌキ、信楽焼きを物色。

DSC01757.JPG

お茶の里、朝宮で最後の寄り道。

絶品の抹茶氷(あさみや金時)を食べる。氷好きなら一度は是非トライすべき一品。

往復384劼閥然城崎温泉往復と同じ距離でした。感覚的には城崎温泉は日本海側なので

遠く感じますが、地道がより少ないのでドライバーにはやや楽な感じがしました。

DSC01758.JPG

8月18日 DVD作成

  • 2017.08.19 Saturday
  • 08:05

城崎温泉へ旅のDVDを朝から頑張って完成させました。

旅の思い出になれば嬉しいですね。

音楽は8月11日の発表会での孫の課題曲と全員で歌った曲を入れました。

1−乗馬/ブルクミュラー

2−エデイット・ピアフへのオマージュ/ブーランク

3−レット・イット・ゴー/アナと雪の女王

4−Bibbidi-Bobbidi-Boo/シンデレラ

自信作なのできっと喜んでくれると信じています。

当方はグッタリとなりました。

IMG_2382.JPG

8月16−17日 城崎温泉へ

  • 2017.08.18 Friday
  • 11:21

孫達との夏休みの旅行、今年は城崎温泉へ

城崎温泉は町全体が趣があり、街が元気で何時来ても愉しめる温泉地。

DSC01574.JPG 

先ずは昼食に出石蕎麦、これで6人前です。 

DSC01577.JPG

ここへ来れば愉しむレベルは大人も子供も一緒

DSC01573A.jpg

今日のお宿、西村屋招月庭。本館とは異なった風情だがとてもGooooood。

DSC01584.JPG

お宿のプールで孫達の第一希望”プール”へ

我々は丘の上の河童。

DSC01591.JPG

街は老若男女が浴衣姿で愉しんでいます。

外湯を愉しみました。外国人も多く、なんだか浴衣を着て歩いている姿は

微笑ましい感じがします。

DSC01604.JPG

夜は御馳走で満腹!!!!!

DSC01614A.jpg

食後、縁日へ。当方酔いもありフラフラです。

DSC01620.JPG

この時期花火が打ち上げられるとの事で出かけると、大勢の人が

あちらこちらで過ぎ行く夏を愉しんでいました。

DSC01649.JPG

DSC01652.JPG

孫達は疲れも知らず元気です。良い思い出になれば嬉しいですね。

DSC01654A.jpg

城崎温泉

2017城崎温泉.PNG

翌17日は伊根の舟屋を目指す。

2017伊根湾.PNG

伊根湾巡りの遊覧船に乗船

DSC01671.JPG

いつみてもいいですね〜〜〜

DSC01682.JPG

”舟屋”。

お盆シーズンで暫く待ってからの名物”海鮮丼”、待ったかいがありより美味しく感じました。

DSC01689.JPG

天橋立へ

2017天橋立.PNG

家族全員で股のぞき。龍が昇っていた?

DSC01706.JPG

日本三大文殊様、智恩寺と知恵の輪灯籠へお参り。

優しい思い遣りのある女性に成長するように祈っておきました。

DSC01721.JPG

今日最後のおまけに、廻旋橋の回転が見れました。

DSC01731.JPG

全行程384辧2討量しい旅は終了。

2017城崎 全行程.PNG

2017夏の旅回想録Ш能

  • 2017.07.22 Saturday
  • 07:36

始めあれば終りあり、最終日、扉温泉→帰途へ/365.8

GPS15日帰宅.PNG

こんな所に素晴らしい旅館があるのが驚きです。知ったのは今年に入ってから

D氏に教えて頂きました。遠いですが何度も来たいですね。

DSC02262.JPG

窓からは新緑

DSC02261.JPG

朝食を頂き出発。ありがとうございました。

DSC02259.JPG

農産物の直売所によりお土産を買う。この辺り葡萄が有名です。

DSC02264.JPG

ワインナリーもありますが、残念ながら試飲は出来ません。見るだけです。

DSC02265.JPG

今回の全行程、1,715.3km

歩いている距離も含まれています。

よく頑張って二人で運転しました。この旅を企画立案して頂いたD氏に感謝。

何時もですが、本当に良く食べ、よく飲み(私だけ)、良く喋り、良く笑った旅でした。

何時までも旅が続く事を願い、2017夏の旅はこれにて”おしまい”となりました。

GPS全体.PNG

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.21 Friday
  • 08:03

7月14日六日目 平湯温泉ー上高地ー扉温泉/106.5

GPS14日平湯ー明神館.PNG

岡田旅館を後にする。ここの若女将は宝ジェンヌの様に背が高く美人で

喋りがとてもユニークです。D氏は今回の旅で一番印象深い人だと感想を述べています。

今まで宿泊していた向かいの宿がクローズになった事もあり、今後ますます成長するのでは

と思われます。

DSC02156A.jpg

ここ平湯は上高地を中心として、乗鞍、高山、奥飛騨、へのアクセスが良く

バスセンターには外人観光客も多く見られます。

DSC02158.JPG

体力を考えて今回も河童橋ー明神橋の往復のコースに挑戦。

GPS14日上高地.PNG

素晴らしい眺めです。雨も心配していましたが問題無さそうです。

DSC02159.JPG

河童橋を望む。

DSC02162.JPG

奇麗な花を見ながら気持ち良く明神橋を目指す。

DSC02168.JPG

DSC02170.JPG

DSC02177.JPG

到着!

DSC02175.JPG

橋を渡り目的地へ

DSC02180.JPG

ここです。2年振りです、長い間思い浮かべていました。

DSC02183.JPG

ここでランチ&休憩

DSC02190.JPG

これこれ、これを愉しみにしていました。

DSC02185.JPG

イワナの塩焼き、塩加減も良く絶品です。ここまで来ないと食べられないのが残念です。

DSC02189.JPG

満たされて森林浴しながら河童橋へ戻る

DSC02223.JPG

咲いている花を探しながらのウオーク

DSC02207.JPG

良いですね。

DSC02201.JPG

と!思いきや、こんな注意報が。

DSC02209.JPG

と!思いきや、今度は目の前を猿が歩いているではないですか!

みんな近寄るな、目を合わすなと叫びながら、猿の後を追い、パチリとシャッターを。

DSC02216.JPG

河童橋に無事戻りました。

DSC02230.JPG

平湯バスターミナル帰着。ここから車で最後のお宿扉温泉へ

DSC02233.JPG

扉温泉、明神館到着、ここは現在D氏、我々が一番好きな旅館です。

DSC02236.JPG

兎に角サービス、オモテナシが最高です。

DSC02247.JPG

最後の晩餐、美味しいフレンチ、ワインを頂き、昼間の疲れも吹っ飛びました。

何時もの如く調子に乗り少し飲み過ぎたようです。Gooooood Night!!!!!!!

DSC02250A.jpg

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.20 Thursday
  • 06:55

7月13日 五日目 白馬村から平湯温泉へ/172.5

旅も後半に入りました。

GPS13日白馬ー平湯.PNG

朝食の後は屋外でコーヒータイム、とても爽やかです。実は今日は青木湖でカヌー初体験

の予定でしたが、天候を心配して中止に。次回是非トラしたいと思います。

DSC02100.JPG

リフトで北尾根高原へ

GPS13日北尾根 大町.PNG

冬はスキー客で賑わいます。ホテルでは85%近くが外国人のスキーヤーで

オーストラリア、NZ等の国の方が多いそうです。

DSC02101.JPG

夏に客を呼び込もうとトレッキングコース、フラワーパーク等の整備が行われています。

DSC02102.JPG

ノアザミ

DSC02103.JPG

DSC02104.JPG

DSC02105.JPG

白馬三山は雲で覆われ見えません。家族連れで訪れている方も多いです。

P7139010A.jpg

国際芸術祭が大町地区で行われており、ホテルから勧められその内の一つを

見に来たが・・・・・

DSC02110.JPG

ロシア人の作品で竹で作られていますが・・・・なかなかピンと来ません。

DSC02111.JPG

新穂高ロープウエイへ

GPS13日北穂高.PNG

二階建てのゴンドラ、何時もは長蛇の列で満員との事。

DSC02117.JPG

ロープウエイを乗り継いで頂上へ

DSC02124.JPG

ヒヤーとします、温度16度

DSC02125A.jpg

高所恐怖所の人もいてゴンドラ内の床に座る人、奇声を発する人で笑いの渦が

巻き起こり、愉しい道中でした。

DSC02138.JPG

DSC02130.JPG

かなりの急こう配です。

DSC02141.JPG

今夜のお宿、平湯温泉の岡田旅館へ

DSC02144.JPG

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 07:28

7月12日 四日目 水上温泉から白馬へ/282

GPS12日水上ー白馬.PNG

水上温泉”松乃井”から谷川岳ロープウエイへ

雨の心配もあり、午前中に谷川岳へ

DSC01979.JPG

先ずは天神平1319mへ

GPS12日谷川土合.PNG

全員で記念撮影

DSC01987A.jpg

P7128980A.jpg

更にリフトで天神峠展望台へ/1977m

DSC01991.JPG

天神峠からの展望

DSC02054.JPG

リフトで降りる時は結構怖いです。

DSC02056.JPG

土合駅舎へ、なぜか階段462段を下ると地下にプラットフォームがあるらしい。

DSC02060.JPG

歩いて地下まで462段上り下りする勇気無く、確認する事無く去る。

DSC02065.JPG

へじ蕎麦を食べる。この頃土砂降りの雨が降りだす。

DSC02069.JPG

雨の中走り、白馬村にあるラ・ネージュ東館に到着

DSC02073.JPG

ここはみんなのお気に入りのホテルです。

豪華な食事を頂きました。

IMG_2082.JPG

夜は蛍見学に出掛けました。写真で見えますか?

地元の方がボランテイアーで頑張っておられる姿が印象的でした。

DSC02082.JPG

 

 

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 08:16

7月11日 三日目

戸倉温泉から水上温泉へ/86.3

今回の最大のイベント、老体にムチを打っての尾瀬ウオークに挑戦。

GPS11日.PNG

体力第一!朝ご飯はしっかりと食べる。

またまた生卵!女将の心遣いかも?

DSC01847.JPG

体力を考えて鳩待峠から山の鼻経由で牛首分岐地点でのU−ターンコース

GPS11日尾瀬.PNG

タクシーで鳩待峠へ

カッコをつけて”さ~~いくぞ〜〜〜!”と思うと、

運転手さんから”そっちは登山コースで皆さんはこちらの山の鼻方面ですよ〜”との注意有。

IMG_2066A.jpg

木道を行くが結構下りが多く帰り道が思いやられる感じ。

前方右方面の山の鼻を目指す。

DSC01906.JPG

向うは至仏山、26度位でとても気持ちが良い、湿気が無く、風はクールで

人曰く”100万砲良”、立っているだけで直ぐにミリオネアーになる。最高!

DSC01909A.jpg

花が咲いていて目が奪われるので木道から落ちそうになるのが難点。

DSC01910.JPG

クールな爽やかな風が本当に宝物みたいです。

P7118951.JPG

DSC01911.JPG

ミズバショウの季節は過ぎたのだが・・

DSC01912.JPG

カキツバタ

DSC01916.JPG

尾瀬ヶ原、最高です! 来れて良かった。

DSC01918.JPG

旅人曰く、”この時期にこれは珍しい”と、水の中で咲く尾瀬コウコツ

そこへ青いトンボが四匹。

DSC01932.JPG

やっと牛首分岐に到着

DSC01934.JPG

分岐で昼食、女将が作ってくれてお握りの梅干しがこんなに美味しいとは!

DSC01939.JPG

帰りが大変、今度は急な登り階段が待っている。

DSC01940.JPG

ニッコウキスゲ

DSC01942.JPG

歩く人曰く”これは一番小さいトンボ”との声にシャッターをパチリ

上手く赤とんぼが写っていました。

DSC01950.JPG

山の鼻まで帰ってきて休憩、なんと、自分の体重より重いと思われる荷物を

運んでいる小さな巨人を発見。

DSC01952.JPG

徐々に登りが始り、体力が奪われていきます。

DSC01957.JPG

階段の連続に悲鳴が、情けないですが安全の為休憩の連続です。

これでは我々はもう二度と来れないでしょう!

DSC01960A.jpg

タクシーでみゆき旅館へ戻り、荷物を積んで疲れた体で尾瀬の後方基地、

水上温泉のお宿”松乃井”までドライブ。

300室は在ろうかと思われる巨大な旅館です。

DSC01961.JPG

全員で今日一日の出来事を語り、疲れを癒す。

愉しい達成感のある一日でした。

DSC01967A.jpg

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.17 Monday
  • 06:31

7月10日 二日目

年令を重ねるとじわじわと長距離運転が厳しくなる。

旅を企画立案したD氏も、”今日はただただ運転するのみ”との独り言。

約460劼離疋薀ぅ屬埜輿匆浩瑤鯡椹悗后

GPS10日.PNG

”いざ出発四人組"

界加賀の前で記念撮影

DSC01814A.jpg

朝ご飯は旅館でしっかりと食べたのだが、昼食には何故か生卵が2個!!

DSC01817.JPG

奇麗な吊り橋、何故か橋を見ると直ぐにシャッターを切る癖がある。

DSC01828.JPG

途中で何回目かの休憩、後ろの高速の表示には右富山、左新潟とある。

遠い所まで来たものだ、この辺り勿論人生では初めて。

DSC01820A.jpg

運転手2名の頑張りでやっと戸倉温泉にある”みゆき旅館”に到着

荷物は自分で運ばなければならず、階段の高低差もあり全員フラフラとなる。

ここは尾瀬への前線基地、旅館と云うよりも民宿みたいな感じ、でも女将、若女将

の人柄に魅せられる。

DSC01853.JPG

明日に備えて早めの夕食。そうそう風呂は温泉でとてもGoooooooooodでした。

そしてGoooooood Night !!!!!

DSC01842A.jpg

2017夏の旅回想記

  • 2017.07.16 Sunday
  • 09:02

旅友D氏夫妻との愉しみにしていた2017夏の旅が始まりました。

初日は大阪から北陸加賀へ、243

GPS9日.PNG

途中鯖街道の朽木宿で休憩、先ずはゆっくりと休息。

DSC01718.JPG

鯖街道 熊川宿見学、静かな宿場が維持されていました。

DSC01725.JPG

鯖街道を往く、勿論昼食は鯖寿司、Gooood! 

DSC01731.JPG

近くの名水で有名な”瓜破の滝”へ、旅の初日は順調に進む。

DSC01738.JPG

途中ハス祭へ

DSC01774.JPG

とても広大なハス池でした。

DSC01766.JPG

ハスもとても大きくて見事です。

P7098899.JPG

少し時期が早い感じですが充分愉しむ事が出来ました。

IMG_2014.JPG

今夜のお宿は元気な”界加賀”、向かいに10年前に宿泊した旅館がありましたが、

つくづくと商売は厳しいものだと感じました。

DSC01797.JPG

美味しい料理を愉しみました。

IMG_2030.JPG

IMG_2029.JPG

サービスも行き届き、星のリゾートの界シリーズに全員大満足。

初日を終え、明日はロングドライブなのでぐっすりと休みます。

DSC01805.JPG

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM