4月9日 大阪へ

  • 2017.04.09 Sunday
  • 10:28

第2回 2017中西輝政集中ゼミ 京都大学名誉教授

「国家としての日本の存立をめぐって」

 

最も東に位置し、海に囲まれた孤島で地震、火山、津波と対峙し、

謀をせず、誠意を持って和を尊しとして共存共栄して来た日本は外交に関しては苦手で

無能ともいえる。

東からアメリカ、南から英仏、北からロシアが現われ、彼らのルールを受け入れ学んだ近代。

そのルールは現在においても度々変えられその度に国運は左右されてきた。

戦後、過去の歴史を負の遺産と背負い、悪い事をしたのだから少しくらいは我慢した方が良いと

戦略を持たず対外国、対アメリカへ追随、依存、妥協の道を歩んで来た日本。

それゆえ、マスコミ、政治、歴史学会、霞が関で対米依存を非難する事はタブーとされてきた。

 

トランプ大統領により尖閣への安保適用を認めてもらった事で全てのマスコミは大満足。

一方外国からは自分で守る意思はないとみられている。

 

日本の自主外交、自主防衛が出来なければ、アメリカが衰退した時、日本は丸裸となり、

見捨てられる。

 

国力(経済力)を造り直し、社会を再生し(少子化、過疎化)、日本の価値感を育て

これからの日本は如何にあるべきか(次回第3回)へと進む。

IMG_1012.JPG

孫娘の小学校入学を祝い、お食事会

IMG_1029.JPG

一生懸命勉学に励み、健康で、優しく、思いやりのある女性に成長する事を願っています。

IMG_8891A.jpg

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM