1月13日 大阪へ

  • 2018.01.14 Sunday
  • 12:23

武藤記念講座へ

「世界史の潮流を見極めるー2035年の世界を展望して」

中西 輝政氏 京都大学名誉教授

 

このままでは2035年は破局する。日本にもチャンスあり、世界の波に乗るかどうか?

 

米中関係がどうなるか?これが日本の未来を決める。

日本の国力、経済の低下

 かつて日本のGDPは世界の18%だったが、今は1/3の6%へ下落。

 人口も少子化で大幅減少。

一方中国の大躍進、2049年に社会主義の現代化強国へ、アメリカの様な先進国/科学技術強国、

宇宙事業強国、交通、製造、軍事強国を目指す。

2035年に経済的にアメリカを抜き現代化の先頭に立つ。

 

海洋世紀から大陸世紀へ

海洋国家が栄えてきたがこれからは大陸国家の時代へ移行。

かつてアメリカは大陸横断鉄道で西へ向かい栄えたが、21世紀中国の鉄道も西へ(中央アジア、中東・アフリカ

欧州)向かう。時間は1/4、コストは1/5。

中国は2,800兆円規模の金融市場をウオール街へ開放しアメリカを籠絡、そして南シナ海黙認とも・・・・

習政権は独裁を打ち立て、微笑外交へ転換し、世界への貢献を積極的に打ち出せば、中南米、アフリカ、中東諸国

等も信じるようになる。21世紀は1極、2極で無く多極化(米露中、欧州、ブラジル、インド)へと向かう。

日本も多極世界で自由度を増す事が出来、中国とも手を握って行く事が必要と・・・・・・

 

日本は我慢強く、おとなしく、和を乱したく無い国民ではあるが、外交戦略上は強いリーダーの下

自主判断で国策、歴史戦を進めなければならない。

経済的には日本の要である電気自動車で中国製に負ける事無く、エネルギー共に研究投資を大規模に

していくべきである。

安全保障では自立した安全保障を目指し核は今からでは持てないので、ミサイル(自主開発、日本版SDI)防衛に

力を注ぐべきである。

経済的には縮小するが中国に対しては”1/4”戦略で防衛費、研究投資等は中国の1/4を下回らない様にすべきであると。

聞き応えのある講演でした。

IMG_4381.JPG

講演後、高大での友人K氏と天満橋駅近くの鳥せいで新年会

美味しい日本酒を久し振りに愉しみました。

IMG_4382.JPG

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM