1月27日 京都へ

  • 2018.01.28 Sunday
  • 20:00

京都漢字ミュージアムへ

論語講座 加地伸行先生 大阪大学名誉教授

 

本題の前の”おまけ”の話

 

技術は変化、進歩するが人間は古典でも現在においても変らない。

韓国平昌オリンピックに北から来る美女楽団の話。

論語でも微子第一八の四で既に同じ事が語られている。

斎人女・楽を帰る(おくる)・・・・

即ち、「隣国斎は富強となる魯国に美女歌舞団を贈った、魯国は人心攪乱され籠絡されてしまう」とある。

 

他、礼に基づく前進、後進の作法、舞台、葬式に於ける左右の作法、また人間関係で必要な

繋がり(親子/血縁、師弟、友人、君臣)等々、何時もながら知らない多くの重要な事が本題の前の

語りで話された。

 

勿論本題でも知っておれば現代での出来事を解く鍵、或いは将来の処方箋へのヒント

の様な物を解り易く普通に語られる興味津々の実に愉しい90分間でした。

来月が一段と愉しみです。

IMG_4451.JPG

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM