2月3日 大阪へ

  • 2018.02.04 Sunday
  • 08:32

府立労働センター「エル・おおさか」へ

29年度剣道文化講演会

【現代に生きる武士道】(武士道の現代的意義)笠谷和比古 国際日本文化研究センター名誉教授

 

甲陽軍鑑、諸家評定、可笑記、葉隠等から歴史的に武士道を検証。

勇猛果敢な外的なものから諫言の武士道への変遷。

 

武士道七則

忠ー忠誠 忠義とは主君の命令に唯々諾々と従う事で無く必要とあらば「諫言」する事。

  葉隠れは諫言こそ忠義の要諦とする。

義ー正義 正しい行い、約諾の尊守によって信義を貫く

勇ー勇気、勇敢  吉田所長、フクシマ50や消防士、自衛隊の活躍

誠ー誠心、清明  心の正しさ、外面的恥じでなく、自分の心に恥じる

証ー証拠主義/立証主義

礼ー礼儀、作法の正しさ

普ー(あまねく)ー武士道の普遍性 日本人で無く日本社会に伝わる社会のDNA  

 

卑怯を嫌い、あっぱれと敵であっても称賛できる心を持ち、現代における問題「いじめ」、

社会における「談合、隠蔽」を一掃せねばならない。

グローバリズムの波のなか日本がいつまでも持ち続けたい精神である。

武士.PNG

夜は家内と二人の静かな節分、恵方巻を食べ”鬼は外、福は内”と小声で数個の豆を撒く。

家の周りは静寂で勿論何処から7も豆まきの気配は感じられなっかた。

喧噪としたかつての豆まきを思い出し懐かしく思う。

節分.PNG

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

みんなのブログ

Time

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM